サイトで集客する際にどのキーワードで最適化するかという点で、キーワードの検索ボリュームも大事ですが、もう一つ大事なのはライバルサイトのチェックです。

そこで今回はライバルサイトのチェックが大事な理由や具体的なチェック方法についてSEOチェキというサイトを使って解説していきます。

ライバルチェックが大事な理由

各キーワードの検索順位は、googleの200以上あるアルゴリズムによって決まっていると言われています。

googleのアルゴリズムは公表されていませんので真実は分かりませんが、少なくとも各キーワードでサイト毎に比較されているのは間違いありません。

あなたのサイトと他のサイトが相対的に評価されて優劣が付けられているということです。

つまり狙ったキーワードで検索上位に表示されるためにはライバルサイトより高い評価を受けなければいけないということです。

仮に、狙いたいキーワードの検索上位サイトが強力なサイトばかりだとしたら、その強力なサイトよりも評価の高いサイトを自分が作らなければ上位表示は難しいと言えます。

例えば、1万文字のページが1000ページある大規模サイトが検索の1位から10位まで占めているとしたら、あなたは同等レベルの内容で最低限1万文字のページを1000ページ以上作らなければそのキーワードで上位表示できない可能性があります。

※ページ数や文字数だけで順位が決まるわけではありませんが、一定レベルの質で作成されたサイトの場合という意味です。

そう考えると、狙ったキーワードのライバルサイトがどの程度強いのか、何も調べずにそのキーワードに参入するのは危険だと思いませんか?

ですので、狙いたいキーワードがある場合、参入する前に必ずライバルチェックをしましょう。

なお、ライバルチェックは完全に出来るものではありませんので、あくまでも参考としてお考えください。

また、ライバルチェックの方法もいくつかありますが、今回は無料で利用できる「SEOチェキ」というサイトを利用してチェックします。

SEOチェキの使い方

SEOチェキのページを出してください。

>http://seocheki.net/

ページ中央にURLを入れる欄がありますので、チェックしたいサイトのURLを入力して、右側の「チェック!」をクリックしてください。

チェックすると画面が展開します。

①インデックス数

インデックス数はサイトの規模感をつかむためにチェックします。

サイトの記事数(投稿ページ数)に近いものと考えてください。

厳密には投稿ページの他にカテゴリーやタグなど、サイト管理者の設定の仕方によって投稿ページ以外もインデックスする場合がありますので、必ず投稿ページ数と同じではありませんが、規模感という意味では大きなブレはないと思って問題ありません。

一般的に投稿ページ数が多いほうが評価が高いと言われています。

今回チェックしたサイトのインデックス数は「5,060」になっていますが、これは非常に多いと言えます。

このインデックス数が例えば5ページ程度で検索上位になっているのであれば、そのライバルサイトを追い抜くのは難しくないかもしれません。

②ドメイン取得年月日

ドメインエイジと言われるサイトの運用歴は評価に影響すると言われています。

例えば古くから長年しっかり運用されているサイトは評価が高い傾向にあるということです。

今回チェックしたサイトのドメイン取得年月日は「2000年9月12日」ですので、2018年現在まで約18年近く運営されています。

このドメイン取得年月日が数か月と短い場合は自分がこれから参入した場合、そのライバルサイトを追い抜くのは難しくないかもしれません。

③キーワード出現頻度チェック

「総単語数」の他、ワードの「回数」や「比率」をチェックできます。

総単語数は多いほうが良いと言われています。

ワードの回数と比率は、狙うキーワードがどの程度の比率で出現しているかチェックします。

SEOチェキでライバルをどう判断するか

各項目をチェックして自分がそのキーワードで参入して上位表示が可能かどうか、ある程度判断する必要があります。

ただ、そもそも3つの項目が厳密な数値ではないものも存在しますので判断も厳密にはできませんが、3つの数値をチェックした時に①のインデックス数を重視して判断すると良いでしょう。

自分がそのキーワードでサイトを作成する時にライバルサイトのインデックス数より多く記事を書けるかどうかということです。

もちろん②や③も無視できませんが、②のドメインエイジは後から参入して逆転できるものではありませんし、③の数値は自分の記事作成のところで調整可能な部分ですので、あくまでも参考としてとらえます。

ライバルチェックは何サイトするか

SEOチェキでライバルチェックする際、狙うキーワードの検索順位1~10位の10サイトは最低限チェックしましょう。

その結果、自分は何位ぐらいなら狙えるのかイメージします。

慣れないと難しいかもしれませんが、何度も繰り返すことである程度の感覚がつかめてきます。

SEOチェキで不足しているライバルチェック項目

ライバルチェックで重要と言われる項目として、先のSEOチェキでの3項目の他に、「被リンク数」のチェックがあります。

バックリンク数とも言われますが、googleも被リンクが検索順位に影響していると公言しています。

SEOチェキでも以前は被リンク数をチェックできましたが、仕様が変わり現在はチェックできませんので、ライバルチェックとして不足していると言えます。

被リンク数をしたい場合は、被リンクをチェックできるサイトを利用して確認しましょう。

無料で利用できるサイトとしては、例えば「Open Site Explorer」があります。

こちらのサイトの解説は別途記載していますので気になる場合はチェックして下さい。

>狙いたいキーワードのライバルチェック方法2(Open Site Explorer編)

 

特別プレゼント情報

今、どこよりも分かりやすいユーチューブを使った集客方法を
期間限定で無料で公開しています。

無料講座はこちらより登録ください。
ユーチューブでどんどん集客が楽になる方法

今、LINE@に登録でもユーチューブの
効果的な活用方法をプレゼントしています。

LINEで友達になる
PCで閲覧の方はこちらをQRコードで読み込んでください。