浅草レンタル着物というビジネスはホームページの作りこみが非常に大切です。
そして、ホームページの作りこみをすることで大きな成果に繋がります。

わずか、1日で結果が出た広告用ホームページ

「浅草 レンタル 着物」で検索してみると、多くのサイトは
一昔前のデザインです。

そして、スマートフォンで見たときに非常に見にくいレイアウトです。
これを知った時点でホームページで集客するのは容易だと感じました。

今のユーザーを多くのサイトをスマートフォンで見ています。
少しでも見にくかったり、表示が遅いだけで
すぐ他のサイトにいってしまいます。

だから、スマートフォンでの表示が非常に大切になるのです。

今、コンサルティングをさせて頂いている店舗のホームページも
非常に残念な構成とデザインでした。

早急にホームページを作り直したいとこですが
デザインを構築したり、サイトに表記する中身を作り上げるのには
どうしても時間がかかります。

浅草のレンタル着物ビジネスは広告を出稿して集客をしています。
だから、広告用のホームページ、ランディングページを作ることにしました。

広告用のランディングページを作る意味

浅草レンタル着物ショップの大半は広告をクリックすると
ホームページのトップページに繋がります。

これって、広告のプロからすると非常に勿体無いことです。

広告を出稿する際に、キーワードごとで細かく広告文などを
考えて出稿しているわけですが、
キーワードごとでターゲットが変わってきて、
それに対する広告文も変わります。

そして、広告をクリックした先のページの内容も
変える必要があるのです。

なのに多くの会社はトップページへリンクをしています。
これはキーワードを選んで広告を出す意味が全くありません。

具体的に考えていきましょう。

検索キーワードからユーザーが求めている内容が分かる

凄く単純な話ですが、

浅草 レンタル 着物 格安

というキーワードで検索している人は

安いレンタル着物屋を探しているわけです。

その方に

浅草ナンバーワンの安さ!着物レンタル即日可能!

などいうような広告が表示されたらどうでしょうか?

クリックしちゃいますよね!

その後のクリックしたページが安いことの理由付けや
本当に安い価格が提示されていたら
この方は予約をしてしまうでしょう!

逆に考えると、
このキーワードであれば安さを伝えるページにリンクさせる必要があります。

他の例ですと
「東京 卒業式 袴」というキーワードで検索した人がいます。

この方のほしい情報は袴をレンタルできるショップの情報です。
なのにトップページにリンクしていたらトップページから袴のページを探さなくてはなりません。

だから、リンク先は卒業式の袴の情報が載っているページにリンクする必要があります。
そうすることでユーザーのほしい情報を伝えることができ、成約に結びつきやすくなります。

成約に結びつけるためのランディングページ

先ほどから検索するキーワードでユーザーのほしい情報が分かると伝えてきました。
だから、ほしい情報がしっかりと詰まったページを用意して、
見てもらうことでより効果的なページが作り上げることが出来ます。

ランディングページとは1ページで縦長にずらっと情報を詰め込んでページのことです。

なぜ、1ページに詰め込むかというとユーザーが他のページをみるのでは無く
1ページで全てのほしい情報を伝えることで
購入する決断がしやすくなるからです。

別ページにリンクがあると他のページを見てしまって
全ての情報伝えることが出来なくなります。

だから、ユーザーのほしい情報を網羅したランディングページを作る必要があります。
成果に結びつくためのページをあなたもしっかりと作りこんでください。

特別プレゼント情報

今、どこよりも分かりやすいユーチューブを使った集客方法を
期間限定で無料で公開しています。

無料講座はこちらより登録ください。
ユーチューブでどんどん集客が楽になる方法

今、LINE@に登録でもユーチューブの
効果的な活用方法をプレゼントしています。

LINEで友達になる
PCで閲覧の方はこちらをQRコードで読み込んでください。