コンテンツ 文字数

コンテンツと文字数について、どのくらいの文字数にしたらSEOでキーワードが上位化するのか…といつも頭を悩ませている人は、とても多いです。ではコンテンツと文字数の関係性についてお伝えしていきますので、参考にしてみてください。

コンテンツの重要性

サイトを見ていて、このサイトは魅力的だと思うのは、コンテンツが良い場合が多いです。というのも、ユーザーから見てそう思われたいため、コンテンツに工夫を凝らしているサイトが多いため。

どんなにお洒落なサイトでも、コンテンツの中身が良くなければあまり魅力のないサイトになってしまいます。せっかくお洒落なデザインなのに…と、残念な気持ちになるユーザーは多いでしょう。

コンテンツというと、一番に思い浮かぶのは写真や記事ですがそれらについて、どういうものが良質なものなのか、メディアやサイトを運営していくうえで、常に最先端を知っておくことはとても必要なのです。

コンテンツが良いサイトの場合

コンテンツ

例えばコンテンツが魅力的なサイトなら、もう一度訪問をしようと思うもの。コンテンツを質の良いものにするためには、ユーザーにとってプラスになったり役立ったりする内容であるのが必要です。

ユーザーとしては、気になるキーワードで探してページにたどりつくわけです。でも気になるキーワードを検索窓に入れてページにたどりついても、そのページだけでは知りたい内容が分からない場合もあるでしょう。

こういう時に、ユーザーとしては上位3位くらいまでのサイトを読む場合が多いのです。3つ読めば、自分の探していた情報が必ず見つかるでしょう。求めていた情報以上のものを得られることもあるかもしれません。

コンテンツが良いサイトはキーワードで上位になりますので、3位くらいには入れるでしょう。そのためユーザーから読んでもらう機会が増えて、そのまま上位をキープできるようになるのです。

コンテンツの文字数について

よく言われているのが、コンテンツの文字数はどのくらいがいいのだろう?というもの。以前までは、多ければ多いほどいいなんていう噂もありました。

でも想像をしてみてください。知りたい情報を探してサイトにたどりついたけれど、文字数がとても多く、1万文字ほどのコンテンツを見た時には「もっと早く読めるサイト無いかな…」と思うのが人間心理ですよね。

つまり知りたい内容は、そこに含まれているかもしれないのですが、それを探すのがユーザーにとって苦痛になってしまうのです。

こう考えると、文字数が多ければ質が高いコンテンツとは言えないことになるでしょう。文字数が多いコンテンツを書くライターとしても、最初にどのような構成で文章を書くかを考えてから書くのですが、1万文字のコンテンツとなると、まとめにくいのが本音でしょう。

スマホでサイトを見る時代

スマホ サイト閲覧

PCで読むのなら、1万文字のコンテンツでもそんなに苦ではないかもしれません。でもスマホでサイトを見ることがほとんどのこの時代では、1万文字のコンテンツをいちいちタップして読むのは、とても面倒ですよね。

こうなると、そのコンテンツはもう読まずに他のサイトに行きたくなるのは当然と言えるのです。つまりはユーザーファーストがGoogleの考え方ですから、読むのが大変でしかも内容が薄くなっているコンテンツでは上位になりにくいのです。

でも内容がかなり濃くて読んでいて楽しい!と思えるコンテンツもあるかもしれません。ところがこういうコンテンツに出会えるのは稀と言えるでしょう。

理想的な文字数とは

では理想的な文字数とは?どのくらいの文字数なら競合に勝てるの?とほとんどの人は模索をしています。例えば調べたい内容に対して、1000文字で答えを全て伝えられるでしょうか。

これが出来れば、コンテンツはキーワードで上位になります。でも難しいので1500文字や2000文字などの文字数で、コンテンツを作る人が多いのが現状に。中でも、これらの人に勝ちたい思いから2500や3000、そして5000文字のコンテンツに仕上げようとする人もいます。

でもあまり過度になりすぎると、結果としてユーザーが知りたい内容が伝わらなくなってしまうでしょう。つまりはユーザーにとって不親切なコンテンツですから、もし文章を長くするのなら画像を配置して華やかなものにするか、グラフや表などで分かりやすく説明をすると、ユーザーにとって読みやすいものになります。

コンテンツの文字数だけにこだわるよりもプラスαが必要に

コンテンツの文字数をとにかく多く!と思うよりも、例えば2000や2300文字くらいだとしても、内容を充実させる工夫をしてみるのが大切になります。

かといって、文字色を何色も使うと読みにくいコンテンツになってしまいますよね。でもここは重要!という部分に対しては、コンテンツの中に3~5箇所ほど文字を太くしておくと、ユーザーとしては、そこだけを飛ばし読みすることが出来るので楽だと感じるかもしれません。

これらの意見についても、必ずとは言えないのですがユーザーがコンテンツを読んで、味気ないものだと感じたりどこが一番大切か分からなかったりすると、上位にはなりにくいです。ユーザーにとって読みやすいコンテンツの文字数、そして内容を意識しましょう。

特別プレゼント情報

今、どこよりも分かりやすいユーチューブを使った集客方法を
期間限定で無料で公開しています。

無料講座はこちらより登録ください。
ユーチューブでどんどん集客が楽になる方法

今、LINE@に登録でもユーチューブの
効果的な活用方法をプレゼントしています。

LINEで友達になる
PCで閲覧の方はこちらをQRコードで読み込んでください。