サイトのジャンルやカテゴリーについて、何もなくてもいいかなと思う人もいるかもしれません。でもここでもサイトを見てくれる人にとって、見やすいサイトにする心がけが必要なのです。サイトのジャンルとカテゴリーについての詳細について、お伝えしていきましょう。

商品やサービスを決めてからカテゴリーを決める方法

まずは提供したい商品やサービスを決めてから、サイトのジャンルを決めるという方法があります。逆にいうと、自分で「このジャンルにしよう!」と決めても、ユーザーに提供したい商品やサービスが無いと、サイトに集客が出来ても時間や労力を無駄にしてしまう場合も。

でも自分がこれをユーザーに提供したいと決めた、商品やサービスをジャンルとして決めれば、そこからサイトが作りやすくなっていくのです。

サイトを作る目的は様々ですが、何かの商品やサービスを多くのユーザーに伝えたいのなら、まずはそのジャンルがお金に結びつくものかを考えてみましょう。でもストレートに結びつかなくても良いのです。結果として結びつく方法もあるでしょう。

得意なジャンル

得意なジャンルのサイトにする

ジャンルを作る時に、自分にとって興味のあるジャンルにするのもモチベーションアップにつながります。自分が情報を多く持っているジャンルのサイトを作れば、コンテンツにもあまり困らない可能性があるでしょう。

ジャンルを決めてコンテンツを作成していく中で、自分にとって全然興味の無いジャンル…と思うと、コンテンツ作成が苦痛になってきます。でもここで気を付けたいのは、自分でコンテンツを作れなくてもサイト運命は可能ということ。

例えば女性用サイトを作成して、美容のジャンルをメインにしたとしましょう。評判の良いコスメ用品があるので、ユーザーに提供をしていきたいと思う場合もありますよね。でも自分は男性だからコンテンツをどうしよう…と悩むかもしれません。

こういう時には、美容のジャンルが得意なwebライターにコンテンツを書いてもらう方法があります。美容のジャンルについて詳しい人はキーワードもたくさん知っています。

キーワードとコンテンツについて精査

お金を出して書いてもらったコンテンツですから、うまく活用していきたいですよね。そのためには、精査が必要になります。コピーチェックも重要ですが、美容の場合に気を付けたいのは、薬機法。

以前は薬事法という言い方でしたが、薬機法と名称が変わりました。これの特徴としては「〇〇を使えば肌が白くなります」のようなことを書くとNGというもの。

個人の感想として載せるとしても、注意が必要です。効果をしっかりと書きたい思いはあるかもしれませんが、効果をちゃんと確認していないのに書くのは、薬機法に触れてしまうのです。

例えばサイトを作成して、美容のジャンルで化粧品を売ろうとした時に、化粧品をどのようにして紹介するか、そこがとても重要に。ここでつい効果について書いてしまいがちですが、薬機法のことを思い出して、効果については書く時にを気をつけるか、不安なら書かない方が妥当でしょう。

カテゴリー

カテゴリーについて

サイトの中で、いくつかのカテゴリーに分かれたものを見たことがある人は多いのではないでしょうか。恋愛、美容、仕事、ライフスタイルなど。

もしこれらをカテゴリー分けしなかったとしたら、ユーザーは読みたい記事にたどりつけない可能性画出てくるのです。せっかくサイトに訪問をしたけれど、読みたい内容がどこにあるのか分からない…と迷子状態に。

こうなると、このサイトは分かりにくいのでもう来ないでおこうと思う人が多いでしょう。もし検索ワードでこのサイトにたどり着いた時も、ちゃんとカテゴリー分けをしてあると、自分にとって興味のあるカテゴリーのコンテンツに向かいますよね。

カテゴリーは道しるべに

カテゴリーはある意味、道しるべにもなるのです。カテゴリーが無いサイトの場合は色々な情報が多いのかもしれないですが、読みたいものがどこにあるのか分からないストレスを感じさせてしまうので、ユーザーファーストとは言えないでしょう。

もしカテゴリー分けをするほど、コンテンツには種類が無いと思った場合には本当にそうかどうかを考えてみましょう。

自分では気が付かなかっただけで、カテゴリーに分けられる内容だった場合もあります。カテゴリーに分けるとしたら、投稿をした時にしましょう。

これによりインデックスも投稿時の振り分けが変わってきます。そしてGoogleやYahoo!上での登録場所も変わる可能性がありますので、最初に「このカテゴリーのコンテンツ」と決めて、投稿をするようにしましょう。

サイトのジャンルとカテゴリーでサイトの個性が出せる!

見慣れてしまったようなサイトのカテゴリー名や種類では無くて、少し凝ったものにすることで、他のサイトとは違う魅力を出せるメリットもあります。

適当にジャンルやカテゴリーを考えるのではなくて、ユーザーにとって役立つジャンルとカテゴリーにすれば、自然に役立つコンテンツを載せられますので、キーワードの上位化が目指せるでしょう。

特別プレゼント情報

今、どこよりも分かりやすいユーチューブを使った集客方法を
期間限定で無料で公開しています。

無料講座はこちらより登録ください。
ユーチューブでどんどん集客が楽になる方法

今、LINE@に登録でもユーチューブの
効果的な活用方法をプレゼントしています。

LINEで友達になる
PCで閲覧の方はこちらをQRコードで読み込んでください。