webライターとは、ネット上でのコンテンツ(記事)を書くことを仕事としている人ですが、良いメディアを作るためにはレベルの高いwebライターを見つける必要があります。

そのためにも、webライターについての詳細を理解しておくようにしましょう。

webライターの仕事の見つけ方

webライターは、本来はクラウドソーシングという場所に登録をして発注者から仕事をもらう場合が多いです。例えば靴を売りたいと思った時、これについて詳しい記事が書ける人を見つけたいと思いますよね。

自分で売りたいものがある場合でも、更に専門分野に詳しい人もいるのです。こういう人に靴についての文章を書いてほしい、こういう人を探したいと思った時には、クラウドソーシングに発注者として登録をしましょう。

この上で募集をすることになります。募集内容に、どのようなwebライターを探しているのか、報酬はどのくらいなのか、納期をいつにしたいかなどを書いて案件として載せましょう。

これに対してクラウドソーシングに登録をしている受注者は、興味のある案件だと思えば応募をしてきます。

応募者とのやりとり

webライターとは

応募者が来た!と思うと嬉しい気持ちになるものですが、クラウドソーシングに登録をしているwebライターの全てが、残念なことに良いライターとは限りません。

とにかくお金が入ればいい、簡単そうな仕事だからと登録をしている人もたくさんいます。それでもしっかり仕事をしてくれればいいのですが、納期を守らなかったり、他のサイトの文章をコピーしたりしても平気な顔をして納品をしてくるケースも。

納期を守れないのは、例えば急病などの可能性もあります。でも納期は本来契約においてとても重要な約束ごとですから、守れない時点で信頼関係は築きにくいですよね。コピーについてですが、コピーチェックツールが有料でありますので使用することをお勧めします。

コピペリンhttp://saku-tools.info/copyperin/

こちらなら年間6000円支払えば、コピーチェックを何度でも行えます。簡単にダウンロード出来るツールですので、とても便利です。バージョンアップを無料で知らせてくれますので、知らせが来たらすぐにバージョンアップを行いましょう。

レベル高い

レベルの高いwebライターを使うメリット

レベルの高いwebライターは、少し高い単価の見積もりをしてくる場合も。それでもレベルの高いコンテンツを作成出来るwebライターに書いてもらった方がメリットは大きいのです。

というのも、出来るだけ安い金額で…と思って依頼をしたwebライターの場合は、安かろう悪かろうの記事になる可能性が高いため。でも自分ではレベルが高いと思っているwebライターがたくさんいます。

ではどうすれば、本当の意味でレベルの高いライターだと見極められるのでしょうか。

実績を見せてもらう

webライターとは

実績を持っているwebライターなら、自分の書いたコンテンツがメディアに載っていることがほとんどです。実績のURLをいくつか教えてもらいましょう。

でもこれを本当にその人が書いたかどうか…。第一関門として実績を見て魅力ある文章だとしても、すぐに「この人に決めよう!」と思うのは少し早いのです。次にサンプルを書いてもらいましょう。

ここでサンプルを書いてもらうための仕様書を用意したいところですが、仕様書が難しすぎると、ライターが逃げてしまう可能性も。実績を見ると、大体のライティングについて分かっている場合もありますよね。

そのため、この人には仕様書は必要無いと思ったのなら注意ポイントだけ伝えるようにしましょう。これにより、相手の能力が分かりやすいのです。相手にサンプルを書いてもらう時には、クラウドソーシングで本契約をする時の金額よりも少し安い単価にしても大丈夫です。

良いライター

良いwebライター!と思った時には

もし本当の意味で信頼出来るwebライターだと思った時には、このwebライターと出来ればスカイプやラインなどで話すようにしましょう。人によっては、メッセージだけのやりとりを望むかもしれません。

でも、この案件をこれからも継続して努力をしていきたいと思うwebライターなら、打ち合わせを一度だけでもしようとするのです。チャットワークと呼ばれる便利なツールもありますので、何かやりとりが出来るツールのアカウントを教え合うようにしましょう。

クラウドソーシングでは、エスクロー入金(仮払い)があり、これを発注者が終えれば、双方の連絡先を教え合っても良い規約があります。

信頼出来るwebライターに出会うためには

数名のwebライターを見ただけでは、信頼出来るwebライターと出会えないかもしれません。でも1人のwebライターだけを見ても、本当にレベルの高い人かを見極めるのは難しいですよね。

メディアを運営する人が「これはいい文章だ」と思えるかどうかを見極めるためには、自分の作りたいメディアにおいて有名なサイトを見たり、キーワードの上位化がされているサイトをよく分析したりしましょう。

これをすると、表現力のあるwebライターかどうかが分かってくるのです。女性用メディアだから男性の自分には分からない…と決めつけずに、読み手に伝わりやすい心を込めた文章が書ける人物かどうかを、じっくり見るようにしましょう。

自分の大切なメディアが成功するか失敗するかは、webライターのスキルにもかかっているのです。

特別プレゼント情報

今、どこよりも分かりやすいユーチューブを使った集客方法を
期間限定で無料で公開しています。

無料講座はこちらより登録ください。
ユーチューブでどんどん集客が楽になる方法

今、LINE@に登録でもユーチューブの
効果的な活用方法をプレゼントしています。

LINEで友達になる
PCで閲覧の方はこちらをQRコードで読み込んでください。