メールマガジンの作り方を熟知している人は、webマーケティングにも成功しやすいと言えるでしょう。webマーケティングにおいて、メールマガジンは欠かせないものなのです。そのメールマガジンの作り方について、お伝えしていきますので参考にしてみてくださいね。

メルマガで顧客の心をつかむには

メールマガジン作り方

メルマガでどうすれば顧客の心をつかめるのでしょうか。それには、顧客が求めている情報をメルマガで伝えることが重要になります。顧客がどのような情報を求めているのかを理解すれば、メルマガの内容が決まってくるでしょう。

でも情報満載のメルマガが絶対的に良いとは言えないのです。というのは、メルマガを読む側としては「内容が濃すぎて疲れる…」と思う場合もあるでしょう。多忙な中でメルマガを読む人もいるため、この内容では頭に入らないと感じるかもしれません。

こうなると「もっと気楽に見ることが出来るサイトを見よう」と思ってしまうのです。人は楽な方に流されやすいもの。それは自分を守るためにも仕方がないでしょう。でも欲しい情報は欲しい…。この思いを満たすような、メールマガジンの作り方を知るのがベストでしょう。

テーマについて考える

テーマの無いメルマガは、読んでいる側としては疲れるものです。このメルマガを発行した人は何を伝えたかったのだろう…と思われてしまうと、次のメルマガを読む気持ちが軽減してしまうでしょう。

でもテーマがきちんと書かれていれば、読む側としては「なるほど!これを伝えたいんだ」と理解が出来るので、読んでいてとても楽なのです。

メルマガを発行するうえで必要なのは、どのようなテーマやコンセプトをメルマガに入れるかでしょう。ただ頻繁に送ればいいわけではなくて、頻度は少なくてもテーマがしっかりしている、伝えたい内容が明確であることが必要になります。

メールマガジンを作る時に理解しておきたいこと

メールマガジン作り方

メールマガジンを作る時には、まずどのくらいの人数にこの情報を配信したいか、その目標について決めるようにしましょう。とりあえず送れる相手に全て送ればいいと思って送るよりも、自分なりに目標とした数値をクリアした方が、今後もメルマガ配信を続けていきやすくなります。

メルマガを送る頻度について、どのくらいの頻度ならこちらの存在を忘れられないか、読む側の負担にならないかを考える必要があります。間を空けすぎてしまうと自社の存在を忘れられてしまう可能性もあるでしょう。

現代は情報過多の時代ですから、他の方法で情報を得ようと思われてしまわないように、頻度については慎重に決めるようにしましょう。

メルマガに登録をしてもらうためには

メールマガジン作り方

メルマガを登録しようかな…と思った時に、やめておこうと思う人が多いのは入力する項目が多いため。この時点で「面倒だな…やめておこう」と思われてしまうのです。

メルマガに登録をしたいと思う気持ちをなくさせてしまうような、読む側からの情報収集を一番には考えずに、与えることを優先させましょう。入力する項目を少な目にしておけば、登録者の数が増える可能性は高いです。

アンケート的なものを書かなければいけないのが苦痛だと思う人もいるでしょう。メルマガ登録のハードルを下げてあげましょう。これが出来ればメルマガに登録をしてもらいやすくなります。

楽しみながら登録に至ることが出来れば、更に登録者数が増えますよね。例えばキャラクターを使い「もう少し頑張って」と吹き出しを入れると、もうすぐ登録できる!と思えるもの。

癒し系のキャラクター、例えばパンダなどのキャラクターをメルマガ登録の場所に入れておくだけでも、興味を持ちこの場所に行ってみようとサイトを見ている側は思うでしょう。

楽しい気持ちで登録が出来れば、これからメルマガが来るのを楽しみになるのです。面倒と思った時点、メルマガが来ても内容を読む気持ちが減ってしまうでしょう。「登録が大変だったメルマガだ…」という印象がついてしまっているからです。

メルマガは読みやすいものに

メルマガを送る時に、気を付けたいのは読む側が読みやすいと思えるものにすること。レイアウトもとても重要です。

文章だけを羅列した方がいいのか、顔文字や星などを入れた方がいいのかは文章内容により変えていくといいですね。

文章の表現について、あまり砕けすぎても相手の心に届かない場合も。逆に固すぎても読みにくさを感じさせてしまうかもしれません。慣れ慣れしすぎずに、そして距離を置き過ぎない文体がベストでしょう。

そのうえで、読む側を喜ばせるような内容も入れてみましょう。キャンペーン的な内容やアドバイスなどについて、これを読んで良かった!次も読みたいと思わせるのも可能に。

季節的な文章、送る側の性格が分かるような内容を少し入れると、読む側としては親近感がわくでしょう。送る側を怪しい人物と思わせないようにするためには、穏やかで優しい人物像をメルマガに描くようにすると効果的。

読む側との距離を、焦らずに少しずつ近づけるためのメールマガジンを作成するように意識しましょう。

 

特別プレゼント情報

今、どこよりも分かりやすいユーチューブを使った集客方法を
期間限定で無料で公開しています。

無料講座はこちらより登録ください。
ユーチューブでどんどん集客が楽になる方法

今、LINE@に登録でもユーチューブの
効果的な活用方法をプレゼントしています。

LINEで友達になる
PCで閲覧の方はこちらをQRコードで読み込んでください。